KEA

よく頂く質問

Q入会するには、どうすればいいのですか?
Q講師はどのような方ですか?
Q外国人の先生の方が良いのではないですか?
Q日本人講師からだと、きれいな発音が身に付きますか?
Qあまり落ち着きがないのですが、レッスンについていけますか?
Q外国語を学ぶには早すぎるのはでないでしょうか?
Qどんな内容を教えているのですか?
Q幼稚園を卒園してしまったら、どうなるのでしょうか?



Q入会するには、どうすればいいのですか?
A新規入会申込みフォームよりお申し込みください。ただし、先着順とさせていただきます。
   定員に達している場合は、お申込をお受けできない場合がございますことをご了承ください。
   申込みフォームより送信後、ご入会いただける方へは「komatsuenglishacademy@gmail.com」のアドレスより
   【入会申込受付完了通知】メールを順次配信しております。



Q講師はどのような方ですか?
AKEAの講師は、全員四大卒以上でTOEICスコアは900点以上の日本人の女性です。
   小さな子供たちの扱いに慣れていますので、安心してお預けください。
   全員海外在住経験が長く、レッスンの中では、文化・習慣の面を紹介しながらより使える英語・通じる英語を
   教えています。



Q外国人の先生の方が良いのではないですか?
A小さなお子さまの場合、特に「その日の体調・気持ち・その他のコミュニケーションが充分できること」が
   安心して学ぶために重要です。
   不安を感じたり、緊張している状態では、脳はよく動いてくれません。
   反対に、『楽しい』『分かる』『出来る』と感じる時は、どんどん吸収することができます。
   また、講師は、自分自身が英語を学んだ経験を活かした指導をしています。
   日本人が英語を学ぶ際に『壁』となっているものを乗り越える術を知っています。ネイティブの先生からの指導は、
   ある程度の基礎が出来てからのほうが効果的です。 



Q日本人講師からだと、きれいな発音が身に付きますか?
AKEAの講師は、フォニックスの指導を行い、英語特有の音の出し方を教えています。
   日本語とはどのように違うか、どのようにしたらその音を出すことができるかさまざまな教材も利用しながら、
   楽しく学べるように工夫しています。



Qあまり落ち着きがないのですが、レッスンについていけますか?
AKEAの講師は、子供たちの成長の段階でいろいろな時期があることを充分認識しています。
   落ち着きのある・無しに関わらず、小さな子供が集中できる時間は短いので、子供たちが興味を持てるように、
   変化に富んだ内容になっています。



Q外国語を学ぶには早すぎるのはでないでしょうか?
A幼少期はとりわけ聴覚能力が優れており、また言葉のリズムや音調を自然な形で習得できる能力があります。
   そのため、種々の発音を聞き分けることができるだけでなく、正しい発音も身につけることができるようになります。
   5歳までに身についた音声は一生忘れないと言われています。
   きれいな発音、リズム、イントネーションの基礎をぜひこの時期に身につけさせてあげてください。
   言語習得能力の高い幼児期に、まず英語を好きになり、オーラルコミュニケーションの基礎能力をつけることが
   理想的です。



Qどんな内容を教えているのですか?
Aネイティブの子供たちが英語を学んでいくのと同じ段階を踏んでいきます。
   身近な物の名前、動作を行う時の言い方など、普段の生活の中で子供たちが日本語で話していることが主体に
   なります。
   書いたり(Writing) ・読んだり(Reading)というよりは、聴いたり(Listening)・話したり(Speaking)を中心とした
   内容です。
   歌やゲームなど子供たちが『楽しい』と感じる場面がいっぱいになるように構成されています。



Q幼稚園を卒園してしまったら、どうなるのでしょうか?
A白嶺幼稚園教室では、保護者の方々のご要望にお応えする形で、小学生クラスも実施しております。
   KIDS ROOMで鍛えた『英語耳』を基に、話す力を伸ばしていきます。また、書く力・読む力も身につくように
   指導しています。
   ※ 小学生クラスへの入会は、園児クラスを修了の方のみが対象となりますので、ご了承ください。

   かわい幼稚園教室の修了生には、小学校入学後も英語学習を継続出来るように金沢市内のお教室を紹介させて
   頂いております。


Q研修や講座の時間帯はいつ頃になりますか?
Q講師派遣を依頼すると、いつから可能でしょうか?
Q講座はどこで行いますか?
Q講座の頻度と講座の時間はどのようになりますか?



Q研修や講座の時間帯はいつ頃になりますか?
A短期の集中講座や新入社員研修等の場合は、就業時間内に行わせていただきます。
   従業員の英語力向上を目指し、定期的に行う任意の講座の場合は就業時間後に(例:17時~)
   実施させていただきます。



Q講師派遣を依頼すると、いつから可能でしょうか?
A短期・集中講座の場合は、なるべくご希望に添える形で対応させていただきます。
   就業時間後に定期的に行う場合は、開始を希望する前年度にご依頼をいただいて、調整を行わせていただきます。
   年度の途中での開始はできかねます。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。



Q講座はどこで行いますか?
A従業員の方が参加しやすいように、貴社の社内にて会議室などを使用して実施させていただきます。



Q講座の頻度と講座の時間はどのようになりますか?
A講座は、週に1~2度の頻度で、1回60分~90分となります。
   個別の状況に応じて対応させていただきます。


Q何日前までに連絡した方がいいですか?
Q同時通訳と逐次通訳とは何が違うのですか?
Q通訳者の事前準備のために、なぜ前もって資料を提出しなければいけないのですか?
Q支払い条件はどうなりますか?



Q何日前までに連絡した方がいいですか?
Aスケジュールの手配がございますので、まずはご相談ください。日時が確定していないような大体の日程でも結構です。
   お早めにご連絡をお願い致します。



Q同時通訳と逐次通訳とは何が違うのですか?
A同時通訳は、文字通り、通訳者は話し手の発言とほぼ同時に通訳を行っていきますので、通訳者には高度な技術と集中力
   が必要です。話し手は通訳によって話を中断されることなく話ができます。
   逐次通訳は、話し手がある一定量発言をして一区切りした後に、通訳者がその部分の通訳を行います。
   所要時間は約2倍となりますが、より正確な通訳が必要な場合や、特別な機材がない場合などに適用されます。



Q通訳者の事前準備のために、なぜ前もって資料を提出しなければいけないのですか?
A通訳者は語学に関しては充分な能力がありますが、ご依頼の通訳の内容に関しては、発言者や参加者ほど知識があるわけ
   ではございません。事前に資料をご提出いただきますと、通訳をする内容の背景や目的を把握できるので、最大限の
   パフォーマンスを行うことができるようになります。
   通訳の仕事の7割は準備と言われるくらい、事前準備が成功のカギを握っております。
   何卒ご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。



Q支払い条件はどうなりますか?
A通訳終了後に請求書をお送りいたします。請求書に記載の銀行口座へお支払いをお願いいたします。
   初めてのお取引の場合は、事前入金をお願いいたしております。


Q納期はいつ頃になりますか?
Q原稿をファイルデータで送れますか?
Q急に必要になったのですが、対応してもらえますか?
Qまだ全部日本語での原稿が仕上がっていないのですが、納期まで日数がありません。



Q納期はいつ頃になりますか?
A土日祝日を除き、5日後には仕上げてお渡しするようにしています。
   量が少ない場合は、翌日仕上げも可能です。



Q原稿をファイルデータで送れますか?
A下記のアドレスまで直接お送りください。
   email@keajapan.com



Q急に必要になったのですが、対応してもらえますか?
A特急扱いということで対応させていただきます。
   通常料金の1.5倍の金額となります。



Qまだ全部日本語での原稿が仕上がっていないのですが、納期まで日数がありません。
Aご相談ください。
   すでに仕上がっている日本語原稿を先にお送りいただければ、そちらから随時翻訳にとりかからせていただきます。
   後ほど、訂正があれば対応いたします。量が多い場合は、余裕をもってご依頼ください。




この見出しはh2タグです

このボックスは、class="box1"と指定すれば出ます。